GREEN STYLE

長岡店
0120-952-135
新潟店
0120-689-701

Works建築実例/お客様の声

まちなか細長敷地
【狭小地の明るい家】長岡駅前

長岡駅が近い。私たちが見つけた細長い敷地。
ここにつくる家をここちよい形にすることをテーマとした家です。

日光をどのように取り込むことができるのか。
風をどのように取り入れることができるのか。

グリーンスタイルの設計士は、敷地の条件が多くても心地よさをしっかりと追求します。設計が困難でも、施工が困難でも、あきらめたりはしません。当社の長年の経験とノウハウはこういった場所でも発揮され、面倒が多いと燃える設計士が多いのもグリーンスタイルです。

まちなか細長敷地」コンセプト

街の中で、光と風を考えた。

GreenStyleは、まず、近隣の建物の配置と敷地内の日当たりのいいエリアに着目しました。

玄関を抜けたところに吹抜。隣家の光庭をお借りして並べて光を導きます。

2階の南と北両方にバルコニーを設ける。建物が立ち並ぶ、街の中の家を、明るい住まいにする工夫です。

隣家との並びも考えてプランニングすることは、
Green Style では当たり前のことですが、
これがここちよく住まうことに効くんです。

そして、この土地には南北に風が吹いています。これを最大限に室内に通しました。
周辺環境から2階の高さに一番いい風が来ることがわかり、私たちは2FにLDKを置くことを提案しました。
すると、バルコニーに切り取られた、市街地とは思えないほどの開放的な眺望が。少し都会的な景色はまるで家族で過ごすリビングにアーバンライフを作り出します。

街の中で、住まいやすさを考えた。

光のためと眺めのため。2つのバルコニーに挟まれたLDKは、その視野の広がりから、実際よりも広く感じます。細長い敷地に建つ家ですから、設計士として広さを取ること、感じることを一番に考えてプランニングしています。

その土地柄、眺め用のバルコニーからの景色は、まるで高層マンションに暮らしているかのよう。
光りのバルコニーには、明るさだけでなく、手すり壁に圧迫感をなくすための工夫を施しました。 そして、リビングの上部は、階段で行き来できるロフトを。

LDKとロフトの天井は傾斜してつなげています。こうすることで、ロフトの面積を広く取り、使いやすく。LDKの天井が0.5フロア分高くなり、解放感をもたらします。

ロフトとLDKを隔てる壁の上部はスリットのような隙間を開け。LDKの天井が奥まで続いているかのような錯覚を生み、大空間を実現しています。

都会的でありながらの開放的景色と、狭小住宅だけど広々とした空間技法を施し、GreenStyleだからできた、ここちよさをつくりだしています。

ギャラリー