電話番号0120-952-135

平日10:00~18:00

住宅性能・構造

家の外観

グリーンスタイルの基本的な住宅性能・構造をご紹介します。
グリーンスタイルでは、お客様とお打ち合わせを重ねご要望をお聞きしながら建築致しますので
「耐震性能を上げたい」「免震装置追加」「高気密計測」「全館空調を選びたい」など、住宅性能を追求することも、災害に強い家にすることなどもご要望に、多数の実績を元にお応えいたします。
助成金の活用もしっかりと視野に入れ、バランスを取りながら、お客様と一緒に家づくりを進めていきますので設計士にお申し付けください。

耐震性・耐久性

地盤調査の様子

全棟地盤調査

グリーンスタイルでは、着工前に地盤調査を実施しています。軟弱な地盤でないかを確認し、将来にわたり安心して暮らせるようその土地のリスクを把握します。地盤が軟弱な場合、不同沈下などで家が傾いてしまうリスクがあります。
仮に、地盤に高いリスクが存在することが判明すれば、その土地に合わせた適切な地盤改良工事を実施します。

特に新潟県内の中越下越地区は、信濃川の河川領域の田園地帯で土砂堆積で出来上がった地形。しっかりとした調査を行いましょう。

鉄筋コンクリート基礎

鉄筋コンクリート基礎

グリーンスタイルでは布基礎に加えて、防湿コンクリートを建物内部の床下一面に打設して地面からの湿気を防ぐ仕様を標準としています。
布基礎とは基礎の断面を見ると、底部が幅広いT字型をしています。この部分を地中に埋めることで、水平方向の安定と地盤の支持力を高めています。ベタ基礎よりも深く地中に埋設することが義務付けられていますが、その分、地震の揺れに対する抵抗力が上がること、地面の凍結にも強いことが知られています。また、ベタ基礎と比較すると、コンクリートの使用総量を減少させることができ、環境負荷とコストパフォーマンス面で優れています。
この布基礎の立ち上がりの間は、床下全体をコンクリートで覆う「防湿コンクリート」を用いて、地面からの湿気やシロアリなどの影響を受けることを防ぎ家全体の耐震性・耐久性を考慮しています。

木造軸組工法の図

木造軸組工法

1階・2階の床面に28ミリ厚の構造用合板を使用しています。 梁(水平向きの柱)に等間隔で止め、柱と一体化させることで、剛性床としています。地震・台風などの横揺れによる水平方向からの力にもしっかりと耐え、家のねじれ・変形を防ぎます。

仕口強度の構造

金物工法

縦横の柱を金物によって強固に接合する金物工法を採用しています。プレカットによる精度の高い柱に小さな穴を数か所開けて柱を専用金物とピンで接合するこの工法は、従来の柱を大きく彫り込んで結合する工法の欠点である断面欠損(柱が削られて細くなる部分の強度低下)をなくすことで、1.5倍以上の仕口強度が得ることを実現しています。
また、柱には、構造用集成材を使用しています。木を縦横に接合した集成材は無垢製材と比較すると1.3~1.5倍の強度があり、湿度による反りや曲がり、膨張収縮が少なく品質が均一です。耐久性も接着技術の向上に伴い現在では100年以上持つと言われています。

基礎パッキン工法

基礎パッキン工法

基礎と土台の間に基礎パッキンを全周に挟み、床下の換気を促します。基礎に通気口を設ける従来の工法に比べ1.5~2倍の換気性能を発揮します。
また、基礎と土台が絶縁しているため、土台への湿気浸透を防ぎ、建物の耐久性を向上させるとともに、シロアリや虫の侵入を更に防ぐことができます。

住宅性能・機能性

高気密・高断熱

気密性、断熱性を向上させることで、夏は涼しく、冬は暖かい、梅雨の時期でも湿気が気にならない、基本性能を実現しています。

断熱材グラスウール

断熱材グラスウール

高性能グラスウールは細い繊維が複雑に絡み合った構造により、繊維と繊維の間に動きにくい空気層を構成します。これにより空気の断熱性能をそのまま保持でき、熱の移動が起こらないことから優れた断熱性能が保たれます。
またグラスウールはガラス素材でできており、板ガラスやガラスびん等の資源ごみを再利用したリサイクルガラスです。
断熱性、保温・保冷性をはじめ吸音性にも優れており、ガラスを原料としているため高温に強く、燃えにくい不燃材料です。高い断熱性、安全性を持ったうえで環境にやさしい素材です。(床下はポリスチレンフォーム)
熱抵抗値参考> 天井部:4.07、壁面:2.36、床下:2.32 [㎥・K/W]

断熱サッシの構造

断熱サッシ

【エコ・機能性・デザインを兼ね備えた断熱サッシ】アルミ樹脂複合(Low-E)複層ガラスが熱の出入りを軽減します。2枚のガラスの空気層と(ガラス内側の金属コーティングにより)熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。

安心保証

最長60年長期保証制度

基本20年・最長60年の保証

地盤・基礎といった家の大切な部分、柱などの躯体部分。壁や屋根などからの雨漏りをお引渡しから20年間保証します。メンテナンスをしていただくことで最長60年まで保証を受けることも可能です。こだわってつくったここちよい家に、永く住んでほしい思いで業界最高水準の補償制度をご提供いたします。

VIEW MORE

ページトップに戻る