GREEN STYLE

長岡店
0120-952-135
新潟店
0120-689-701

Works建築実例/お客様の声

実家の敷地を分けて建てる。
【スキップフロア+布団で寝る暮らし】柏崎市

パパが育ったこの土地で、新しく自分の家を建てる。
2世帯住宅。同居。とは、ちょっと違う暮らし方。
自分の家族だけのくつろぎと、両親と適度な距離で暮らせて、そしてみんなで子育てをする安心感。

「実家の敷地を分けて建てる。」コンセプト

親の敷地内に建てたメリット


親が近いと暮らしやすい。おじいちゃん・おばあちゃんとみんなで子育てができるから、パパとママは全力で仕事をがんばれる。
がんばっているパパ・ママを小さなころから見て育つ。働くことの大切さ、家族の大切さを伝えます。
2世帯住宅。同居。とは、ちょっと違う暮らし方。でも、みんなをつなぐ暮らし方。実家の敷地に建てるメリット。

木の温もりを感じるリビング。隣接する和室につながるウッドデッキは3帖半。ひろく、ご両親と家族を自然につなげます。
庭を楽しむご両親とウッドデッキ越しのちょっとおしゃべり。ときには、ウッドデッキに腰掛けて、

自慢のスキップフロア


「リビングにスキップフロアを付けたい」ご主人からのご要望。
リビング正面、3帖に満たないスペースだけど、これが「パパの趣味の基地」。
趣味に没頭しているようで、家族みんなを見えるように。
キッチンで家族を見守るママと顔を見ながら話せるよう、グリーンスタイルの設計士、寸法をとっても細かく考えました。

基地の下は全部収納。床を掘り下げて天井を少しでも高くしています。ここは「ボクの秘密基地」。
おもちゃはここにお片付け。もちろん、上は「パパの趣味の基地」。あそこは「ボクの第2基地」!いたずらしないと約束をして、パパがいない間は使っちゃえ!

布団で寝る暮らし


寝室の床に段差をつけてます。ベッドではなく、布団を敷いて寝るんです。親子で「川の字」に寝る幸せ。
実は、最近増えてるご要望。ただの床に敷くんじゃない。
グリーンスタイルではそこに20センチの段差をつけて、「眠るスペース」としてのメリハリをつくりました。
布団就寝に合わせてつくった枕もとの間接照明は高さを工夫。乳白色のパネルで機器の目隠しも。柔らかな雰囲気を演出する。

ギャラリー