GREEN STYLE

0120-952-135

Works建築実例/お客様の声

快適! ほそながな家
【間口の狭さを活かす】長岡市

特徴のある細長い敷地。

敷地環境調査を念入りに行えば、その魅力を最大限引き出せる。

そして見つけた『風のライン』。
家族が集まる和室とLDK、さらに中庭を流れるように配置することで、
アウトドアリビングとして活用しやすくする。

1階にファミリークロークやサンルームを設置。
家族の使い勝手を考え、回遊性を持たせた『ぐるぐる動線』。

雪深いこの街に暮らす私たちだからこそ、暖かな季節に吹く風のここちよさをよく知っている。
流れる風と一体感を得られたときのここちよさ。これを暮らしに取り込みカタチにした『快適! ほそながな家』。

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。一見、普通のお家。でも、奥に伸びる、細長なお家なんです!

コンセプト

■細長い敷地を活かす

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。現し梁でリズムをもたせて。奥へと続く間取りです。グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。正面に大きな窓。抜け感を持たせています。ダイニングの地窓は圧迫感の防止と明るさを取るために。間口が8.8mと狭く、奥行が25ⅿを超える細長い敷地。

どうすれば、その魅力を最大限引き出せるか?
考えながら現地調査で見つけた『風のライン』。

「和室とLDKを流れるように配置したら…」
「LDKと中庭も風がつなげる…」

東側は、『ライン』『流れ』を意識したストレートかつスムーズなプランニングを実現。

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。この敷地には、どのように風が吹き込むのか、事前にしっかり調査して家づくりに活かしています。

 

■家族の動線

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。ホワイトを基調にした水廻りがスタイリッシュ。グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。玄関から真っ直ぐキッチンに。お買い物の荷物をストレスフリーに運べます。

奥行きのある家。風を流すことを可能にしても。
家事動線まで延びてしまっては、使いやすいとはいいがたい。

そこで、西側には、家族の使い勝手を考えた『ぐるぐる動線』をご提案。
ファミリークロークやサンルームを1階に配置し、
水廻りから、リビングへと、家族の動線に『回遊性』を持たせることで、抜群の使いやすさを実現。

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。キッチンと玄関の間のファミリークローク。みんなで整理整頓。お片付け。家事をシェアします!する
『家族が集うのは1階なのに、収納は2階なの?』
1階にファミリークロークを置いた理由。

保育園のカバンや帽子、ランドセルや体操着、お父さんのお仕事カバンに、お母さんのバッグ。
数えだしたらキリがない。
毎日使うものだから、1階で完結できたなら、とってもラクな毎日に。

■ギャラリー

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。洗濯スペース。洗濯機と物干し2本。雨の日、雪の日、助かります!グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。洗濯機を背にして、裏庭に続く窓。晴れた日は外に干せるって嬉しいですよね。

洗面室に隣接させた、広々としたサンルーム。雪深い地域に優しいプランです。
その先に続くのは、『物干し庭』。
コの字に囲まれているから、人目を気にせずにお洗濯。
隣地との境界に走る気持ちの良い風が、洗濯物をカラッと乾かしてくれます。

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。2階ホールの可動棚。お子さまの学習用品を整理整頓。鉛筆削り用のコンセントもちゃんとつけています。グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。小屋裏収納もあります。
2階廊下の各居室前には、可動棚を設置。
本に教科書、鉛筆削りのためのコンセントも設置。
使い方は無限大。
廊下の上部は小屋裏収納の出入り口。必要なときにハシゴを出してつかいます。

グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。タペストリーのようなカーテン。お部屋のアクセントに。グリーンスタイルの間口の狭さを活かした快適! ほそながな家。ウォークインクローゼットにも明かり窓。換気も出来て、湿気がこもらずOK!カーテンを付けて、日焼け対策も怠らず。
広々とした主寝室と併設のウォークインクローゼット。
タンス、机、鏡台、既存の家具のサイズを事前に確認。
「どこにおこうか?」
配置を細かくお打ち合わせすることでできた無駄のないプランニング。

リビング360°画像

 

ぐるぐる家事動線360°画像