電話番号0120-952-135

平日10:00~18:00

新築完成見学会「大家族をここちよく包む、広さを感じる設計手法の家」 | 長岡市川崎

見学会開催要項

開催日時:11/19-20(土日)

10:00‐16:00

6人のご家族がここちよく暮らす家の見学会です

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 外観 デザイン住宅 ガルバ
長岡市の新築注文住宅、新しくつくられた住宅街に建設した機能的デザインの家の見学会をお客様のご厚意で開催させていただきます。
5つの寝室+書斎+タタミコーナーなどなど。大家族がゆったりと暮らせて、ここちよいがたくさん詰まった38坪のお家が完成しました。

ハウススペック

土地面積:53.82坪(177.94㎡)
延床面積:38.07坪(125.86㎡)

見学会はこんなところが気になる方に。

「ご家族が本当に暮らす家」をご体感ください。きっとご新築のヒントが間取りの面や機能的デザインの面で発見していただくことができます。

  • 面積に依存しない、広さを感じる設計手法
    18.5帖のLDK。幅8mのシンプルな長方形の部屋形状と、まっすぐ伸ばした折り上げ天井が広く、ここちよく。南側に設けたウッドデッキ。アウトドア・リビングとしてより解放的に。家の中と外をつなげる開放感の技法を知りたい方

  • ぶつからない!スイスイ動線
    たくさんの家族が交錯する慌ただしい朝、賑やかな夕方。ご家族それぞれがスイスイと動ける動線を。もちろん、家事ラク動線。ご家族の暮らし方から考えるご家族が生活しやすい動線やお部屋の配置を知りたい方。

  • 未来を考える可変性ある間取り
    将来を考えた可変性のある設計がここちよさを永く持続させます。「今」だけでなく、「未来」も考えた設計。お子さまの成長に合わせ、子ども部屋の間仕切りを変える。数年後、成長したお子さま達の意見が未来の間取り変更に対応できることを大切にしています。

お家のコンセプト

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅

奥様のご実家に近い場所での建築を決めたのは、住み慣れた地域で、いつでも気軽にお互いに助け合える距離で暮らすため。
ご夫婦とお子さま4人の大家族。お仕事がお忙しいご主人と、現在は子育てに専念されています。

家づくりにあたり、ご夫妻は「子ども達には公平に個室を用意してあげたい。」「でも、将来、子ども達が巣立って、夫婦ふたりで暮らすとなったとき、大きな家では管理が大変そう」
お子さま達のこと、ご夫婦自身のこと。しっかりとお考えになられているからこその悩み。グリーンスタイルの設計士が無理なく、無駄なく、ここちよく。長く暮らし続けられるお家をご提案させていただきました。

大家族が集まる、広いリビング。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅
ご夫婦ご希望。「広さを感じられるリビング」。
「面積が広い」という意味だけで捉えずに、夫婦で楽しく、親子で仲良く。ゆったりと、幸福感とともに、リビングで過ごしたいことを教えていただきました。
そして、グリーンスタイルの他のお客様の家の完成見学会をご体感いただいて出した結論。
わたしたちのつくった家を数件ご覧いただいて、ご夫婦が希求された、ここちよく、広い、リビングのポイントをご紹介いたします。

広さを感じさせる設計手法

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅
玄関を進み、ドアを開けた瞬間に東西に直線で延伸させたリビング。その幅はなんと、8m。シンプルな長方形の室内に、キッチン・ダイニング・リビングとストレートに配置したからこそ、際立って感じることのできる広さ。
そこに付加するリビング階段は、はじめの4段だけ手すりをなくして接続。2階へと続く空間の広がりを想像させ、解放感を増長。
さらに、ダイニングとリビングの天井に仕込んだ、幅160㎝×高さ+10㎝の折り上げ天井も、その広さを感じさせる効果を発揮しています。
グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅
部屋に入って来た時の視野の広がりと、高さに差をつけた天井、視界を遮るもののないストレートな配置をすることで、床面積に依存しない、人の視覚に訴えた広さを構築する設計手法です。

子どもが小さいうちは窮屈感なく、広々と過ごせること。
将来、ご夫婦で暮らす時にも、ほどよい広さで、孫を連れて遊びに来るお子さま達を迎えられる。無理なく、無駄のない広さ。ご家族にとっての本当のここちよさを実現しました。

外とつなげる、空間付加。アウトドア・リビング ~ウッドデッキ~

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 タタミ デザイン住宅 ウッドデッキ 掃き出し窓
リビングをさらに広く、そして明るく見せる手法として、南向きのリビングの延長線上に大きな掃き出し窓でつながるウッドデッキのアウトドア・リビングを配置しました。
2.7m幅のデッキは、お子さま4人が並んで座っても、ゆったり広々。素敵な季節のBBQや夕涼み。並んで、座って。きっと、季節ごとに、お子様とご夫妻に思い出の場所になるはずです。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 デザイン住宅 ウッドデッキ 外観
ウッドデッキの上部には、日除けタープを吊るための金具・アイプレートを壁付け。とっても陽当たりが良い場所だから、日除けをつけることをおススメさせていただきました。
陽当たりが良好であろうということは、グリーンスタイルが必ず実施する敷地環境調査からわかったこと。庇(ひさし)よりも大きな範囲を確実に日除けできるタープならば、室内の温熱環境を涼しく保て、エアコンによる冷房効率も良いまま夏を過ごせます。
秋には、夏の道具とともにタープをお片付け。小春日和でポカポカと過ごす楽しい場所です。
グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅
リビングを外まで延長してみること。アウトドア・リビングでの楽しみ方をご家族一緒になって考えること。グリーンスタイルが大切にしている、「ここちよく暮らすには?」の糸口を、ご家族をいっしょに探る、ちょっと変わった、でも、大切でとても楽しい設計をしています。

家事ラク。大家族もスムーズに。

キッチンから、家族を見渡せる。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング キッチン デザイン住宅
毎日、家族6人の食事をつくるママ。キッチンに立つ時間はどうしても長時間に。でも、ここでも効果的なのが、広く感じさせる面で活躍したキッチン・ダイニング・リビングのまっすぐな配置。
IHコンロの前は壁のないセミ・アイランドキッチン。遮るものなく家族を見渡せる。もちろん、みんなもママを見つめていれる。これが家族全員のお互いの安心につながります。「宿題してる?」「ケンカの原因は?」という心配から、「いまのすごいね!」「よくできました!」という成長の瞬間も。できるだけ見守りましょう。設計士と一緒に選んだこのキッチン。大好きな子どもと会話をしながら家事を行えることは毎日のちょっとしたイライラやストレスを減らせる。ママたちが本当に求めている「家事ラク」って、こういうのじゃないかなって、グリーンスタイルは考えています。

きっと、ママの毎日の活力のワンピースになるはずです。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 キッチン デザイン住宅

家族全員スイスイ動ける動線

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 洗面室 ファミリークローク デザイン住宅
リビング・ダイニング・キッチンは横並びにして「広さ」と「コミュニケーション」を実現。そして、今度は、キッチン・洗面室・サンルームを縦に配置しています。
朝のバタバタを軽減する目的と開閉時の危険を低減するため、キッチン・洗面室の間には扉をつけていません。6人家族全員がスイスイと入れ替わって使える工夫です。その分、入り口はアーチの垂れ壁で可愛く演出。このひと手間は、例え洗面が散らかっても視線は柔らかなアーチに行くアイポイントコントロール。一応、ロールカーテンを付けているので、来客時も安心です。
グリーンスタイル 長岡市 建築実例 キッチン デザイン住宅
この縦の洗面スイスイ動線に並走して、隣のウォークインクローゼット。家族が往復運動ではなく、小さく循環します。パジャマの家族がキッチン裏から洗面化粧室へ。曲がって、ウォークインクローゼットへ。リビングに出てくるときには、パリッとお着替え完了!

使いやすいは、家事ラクです。朝ごはんをつくりながら、洗濯機のスイッチオン!幼いお子さまの身支度のお手伝いをしながら、食卓に朝食を並べる。家族の交錯を低減したスイスイ動線は家事ラク動線です。

並んだボウル、乾燥機。6人家族の強い味方。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 洗面 デザイン住宅
6人家族を支えるのは、2つの並んだ洗面ボウルと衣類乾燥機。頼れる強い味方です。
2つの並んだ洗面ボウルは、朝の洗顔の順番待ちを軽減して、大きな鏡で全身チェック!近い将来、お年頃になったお子さまの滞在時間が長くなっていく場所、間違いなしです。また、脱衣室と分けたことで、入浴後のドライヤーがけと次に入浴する人との滞在を混合させない利点もあります。
そして何より、鏡の前に、お子さま4人、なかよく並んで、歯磨きシュッ!シュッ!って、微笑ましく、可愛らしい景色は、奥様のご要望でした。
グリーンスタイル 長岡市 建築実例 洗面 サンルーム デザイン住宅

衣類乾燥機は、毎日のたくさんの洗濯に欠かせません!もちろん、サンルームのスペースも十分備えていますが、それでは、間に合わないのが、大家族!部活や、習い事など、お子さまの成長とともに増える洗濯物にも対応してくれるのが助かりますね。

もちろん、夏の晴れた日は、物干し竿を用意してたくさん干せる、ウッドデッキも強い味方の1つです。

タタミでON/OFF

ダイニングの隣には、床を30㎝上げた、タタミコーナー。様々な使い方を想像して、設計しています。

ON-タタミで元気に過ごす。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 タタミコーナー  和室 デザイン住宅
お子さま達にとって、タタミコーナーは、「遊・寝・学」の場所。
タタミコーナー下部の引き出し収納から、お気に入りのおもちゃを出して、めいっぱい遊ぶ。お昼ごはんの後は、お昼寝。
夕方、お兄ちゃん達は、カウンターで宿題をする。カウンター前の壁は、磁石の壁-マグネット・ウォール。時間割りや、おたよりはもちろん、上手にかけたお絵描きもたくさん貼っておこうね。

OFF-タタミでゆっくりと過ごす。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 タタミコーナー  和室 デザイン住宅
お子さま達が学校や保育園に行った後や夜の少しの時間。
タタミコーナーは、奥さまの「寛」スペース。ノートパソコンを持ち込んだり、お気に入りのマグカップ、特別なスイーツ。読書したり。慌ただしい毎日で奥さまが、英気を養う大切な時間を過ごすところ。

個室のあり方

子ども部屋は、4つ。

グリーンスタイル 長岡市 建築実例 子ども部屋 デザイン住宅
お子さま4人に1部屋ずつ。広さもキチンと平等に。お子さまを思う、ご夫婦の強いご要望でした。
私たちは、今、5年後、10年後と段階的に考えました。
今は7.5 帖のお部屋を真ん中で「引き戸で間仕切る」。これで、2部屋出来上がり。これを2つ作って、合計4部屋。男子と女子で、分けて与える。
今はまだ、つなげて2人ずつで使う。
5年後には、それぞれ順に大きくなるころ、引き戸を活用して軽く仕切る。
その先の10年後は、引き戸を外して、間仕切りの工事をするか、どうするか。は大きくなった自分達で考えて、話し合って、決めてもらう。
グリーンスタイル 長岡市 建築実例 子ども部屋 デザイン住宅
ご両親が与えてくれたのはそれぞれ1人ずつのスペースのみ。どう間仕切るかは、自分達で納得できるように決める。いま付けた引き戸は「仮」の間仕切り。大きくなったお子さま達にも、「お家づくりに参加する」という、本当の完成は何年も先の、壮大なお家づくりになりました。

趣味の部屋


グリーンスタイル 長岡市 建築実例 書斎 趣味 デザイン住宅

階段を上がった先に配置したのはご主人の部屋。夜勤もあるハードワークは家族との生活時間が異なることがあります。夜帰ってきて、家族を起こさず別室に入り、読書をしたり、お勉強をしたり。ここは、ご家族が寝静まったあと、1人でONを楽しむ部屋。邪魔をせずに、ひっそりと。籠り集中する。なにより、男の憧れ魅力のスペース。お子さま達は、そんな素敵な「パパの部屋」に魅せられて、集まってくること必死です。

ギャラリー

  グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅 グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅 グリーンスタイル 長岡市 建築実例 リビング デザイン住宅 
グリーンスタイル 長岡市 建築実例 洗面室 ファミリークローク デザイン住宅
 

新築完成見学会:「大家族をここちよく、広さを感じる設計手法の家」
是非、ご来場ください。

Directed by

設計士 髙橋徹 お客様と暮らし、そしてプランに真面目に向き合う設計士のリーダー。1箇所1箇所にキチンと理由を持ったプランをご提案。「何故、その場所」「何故、その形」になったのか、ご家族の暮らし・・・
設計士 村山可奈子 「居ることが幸せ」なお家づくりをこころがけています。外につながる家、室内にも自然を招いて、ここちよいい環境を作る。家事ラクで収納もばっちりな便利なお家は、ご家族がずっと居たく・・・
設計士 押野見由香 奥様が笑顔だと何だか家族みんなが和やかになると思いませんか?ここちよい家づくりで笑顔は大切なポイントです。笑顔の映えるお好みのインテリアと暮らして欲し・・・
設計士 大口直人 出来上がったときの雰囲気を大切にし、現場で気になった点があると、自ら刷毛でニスを塗るなど施工を技術ももつリーダー。よく考えられ、造りも細かい和風住宅が好き。出来上がったとき

開催場所

見学会終了に伴い、地図を削除させていただきました。

詳しい資料などをご覧いただけます

グリーンスタイル長岡店に電話

見学会のお申し込みは終了していますが、間取りや写真、詳しい資料などをご覧いただけます。詳しくは、お電話やお問い合わせの備考欄に「11月の見学会の家の間取りや写真が見たい」などをお書き添え下さい。

ページトップに戻る