GREEN STYLE

長岡店
0120-952-135
新潟店
0120-689-701

News/Eventお知らせ・イベント情報

ZEHビルダー継続のお知らせとグリーンスタイルの考え方

グリーンスタイルは
「ネットゼロエネルギーハウス支援事業のビルダーズ登録」によるZEH(ゼッチ)ビルダー認定を頂いております。
右の表にて昨年のZEH実績をご報告いたします。

ZEHとは

住宅のご購入を検討されている皆さんはご存知かと思いますが、

ネットゼロエネルギーハウスのことです。

快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限り省エネルギーに努め、
太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となるの住宅のことです。

新潟で、長岡で。完全ZEH対応の住宅をつくる?

昨年も同様のお話をさせていただいておりますが、
グリーンスタイルの「ここちよさ」の考え方で家をつくるにあたり、気になるのは、ZEHの規定に存在する

「太陽光発電等によりエネルギーを創ること」

という内容が必須であることです。私達が住む新潟、長岡では冬季の雪国特有の環境をしっかりと鑑みる必要があることを強く感じています。

つまり、新潟県内には「発電できない季節」が発生します。

この地域現象は、他の地域に比べて3から4ヶ月多いはずです。
これではせっかく費用をかけてソーラーパネルを設置しても、その効果には疑問しか残りません。

ゆえに、ソーラーパネルまで実装して、補助制度を受けることはこの新潟・長岡ではなかなかなか難しいのです。

グリーンスタイルでZEHの技術を使うこと

しかしながら、グリーンスタイルでは、近年、室内温度ムラと人体にダメージを与えることが大きいと言われていることに着目し続けています。温度差のある家って、きっと「ここちよくない」ですから。

そのひとつの集大成がPOLHAUSです。

>リンク ポルハスのページ

ポルハスは、ZEHの考え方の前提にある

住宅の高断熱化

を、「ここちよさ」を極限まで突き詰めたモデルハウスです。

もちろん、今年作った2つのモデルハウス

新潟モデルハウス 俺の遊び基地 長岡モデルハウス わたしの、がんばらなくてもいい家 

にも、その性能による「ここちよさ」は実装しています。
ただし、性能面だけではなく、敷地にあわせた住宅の機能面をしっかりと考え、窓を開けたときのここちよい風の抜け方などをしっかり考慮して、窓を開放することを想定していない、単なる高性能住宅にはなっていないこともポイントです。

だから、グリーンスタイルは ZEHの基準全てにこだわることなく、

それ以上の断熱性能を保持

トータルコストを意識する

地域の環境を熟慮する(無理にソーラーパネルを実装しない)

地域の環境を利用する(いい時期には窓も開けよう)

など、ZHE が求める本当の意味での環境性能を新潟県でしっかりと実装し、
お客様のご要望をしっかりと聞き取り、提案します。

住宅の環境・温熱性能をイニシャルコストとライニングコストを考えること。
無駄を省き、トータルコストを十分に考えること。

ここちよさで評価し提案することをし続けます。

Written by Asano