ゼロエネルギーハウス支援住宅認定

2017年3月27日

P1030553

グリーンスタイルでは遅ればせながら
ネットゼロエネルギーハウス支援事業のビルダーズ登録を提出し、
ついこの間、採択されました!!

何故、直ぐにビルダーズ登録を済ませなかったのには、理由があります。

 

ZEH(ゼッチ:ネットゼロエネルギーハウス)とは

快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限り省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となるので住宅のことです。

ここで、少し気になるのは、「太陽光発電等によりエネルギーを創ること」という内容です。

当然、当店も積極的に太陽光発電をが推進していたことはあり、一定の効果を出すことは出来ておりました。
とはいえ、やはり冬季には、雪国特有の環境があり、どうしても太陽光では発電出来ない季節があったのです。
新潟県、特に長岡地区は経験上、他の地域に比べて多く3ヶ月から4ヶ月発電しない期間がどうしても発生してしまいます。
そのため、このZEHという事業には感心はありましたが、補助を受けることはこの長岡ではなかなかないだろういうことで、ビルダーズ登録を躊躇していたのです。

国の政策は新潟など降雪地区のこと全く無視した補助金政策であり、
結局は大手製造業の景気対策でしかないのかなぁと思ってしまう面も感じるところもありました。

 

グリーンスタイルでのZEHの考え方…

グリーンスタイルでは、近年、住環境内の温度差が人体に与える影響が大きいと言われていることに着目しています。
また、温熱性能の低い住宅はイニシャル単価としては安価に建築できるかもしれませんが、住んだ後の冷暖房費用などランニングコスト面で非常に不利になります。
両面でのバランスをトータルコストで評価し提案することを重視しています。

今後、グリーンスタイルは、ZEHの前提である「住宅の高断熱化」に賛同しつつ、ZEHの基準である、太陽光発電ににこだわることなく、それ以上の断熱性能を保持することを考え、今まで同様に敷地の周りの環境や風向き、日光の取り入れ方などで光熱費を軽減できる仕組みを用いてトータルコストを意識しつつ、地域の環境に熟慮した健康住宅を提案して参ります。

設計:朝野


お問い合わせはこちら

ページトップはこちら